読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユコ の ブログ

ボーイスカウトとは何か? 自問自答の日々

What is ボーイスカウト?② ~ビーバースカウト編~

こんにちは、ゆこです。

今回はビーバースカウトについてお話したいと思います。

先日ボーイスカウトが公式にPR動画を流しましたね〜!コチラ👇👇👇

ボーイスカウトを始めれば日常生活でもこんなことができるようになる! というアピールをするのは個人的には良い戦略だなと思いました!

youtu.be

 

そしてScoutubeさんが作った「なれたよ、一人前。」これがすごくスカウト活動の良さを示しているのでcheck it out 👇👇👇

youtu.be

 

 

ではでは…

ビーバースカウトって何やってるの?


f:id:pisdyka:20170410211712j:image


対象年齢は小学校1年生から3年生です。(時々幼稚園児から仮ビーバースカウトとして始めている子も…)

 

モットーは、自然と遊ぶ!!みんなと仲良く!!!楽しく活動!!!!

 

って感じです。

 

具体的にどのような活動をしているかというと…

 

お花見ピクニック

いちご狩り

1泊キャンプ

川遊び

写生大会

ミニ登山

ごみ拾い

募金活動

スキー訓練

お餅つき

 

などなど… 簡単に言うと、地域の子どもたちが集まって仲良くアクティビティをしています!

 

しかし!!!!普通の子供会とは違って、小学校低学年の体力などに見合った活動を指導者訓練を受けたリーダーが考え、プログラムが行われています。

そして周りに、年上のカブスカウトボーイスカウトがいる環境で活動できるので、先輩スカウトたちが可愛がってくれたり指導してくれたりもします。

 

早く大きくなりたい! そんな風に多くのビーバースカウトが思っていることでしょう❤


f:id:pisdyka:20170423214105j:image

 

Tips

ビーバースカウトは自然のなかで遊ぶことによって、他の子どもたちには経験できない体験をすることができます。それによって、将来ボーイスカウトになった時に「きっとビーバーであんなに楽しく外で遊んでいたから、今僕はキャンプ大好きなんだろうなあ…」と無意識に思い出すかもしれません。


f:id:pisdyka:20170423214123j:image

 

 

今回はビーバースカウトについての投稿でした。仲良く自然の中で遊ぼう!!

 

 

 

 

 

 

What is ボーイスカウト?① ~団体について~

こんにちは、ゆこです。

最初の投稿がたくさんの反応を頂き、プロジェクトとしてもっと動かしていきたいと考えています。

 最初の投稿↓↓

pisdyka.hatenablog.com

 

 

さて、今回はボーイスカウトについての最初の投稿です。

まずボーイスカウトとはどういう団体なのか?

トピックをこの3点にしぼって説明していきます。

  1. 歴史、これから目指していくもの
  2. 活動組織
  3. 活動内容

 

 

そして先に言っておきたいのですが、英語が得意な方は世界スカウト機構 (the world organization of scout movement) の公式ホームページを読む方が断然わかりやすいのでオススメします!

 https://www.scout.org/

 

一方でボーイスカウト日本連盟のホームページはクソぐらい全然ちゃんと書いてないのでオススメしません。これが「謎の団体」と言われてしまう理由だと思う…。正直何やってるかあの説明じゃ全然わからない…。

 

では気を取り直して!

 

 1. 歴史、これから目指していくもの

*歴史

 

1907年ボーイスカウトの創始者ロバート・ベーデン-パウエルがイギリスのブラウンシー島に20人の少年たちを集めて小さな実験キャンプを行いました。

 

 このキャンプ実験をもとに「Scouting for boys」という本を著し、少年たちの旺盛な冒険心や好奇心をキャンプ生活や野外活動に発揮させ、「遊び」を通して少年たちに自立心や協調性、リーダーシップを身に付けさせようとしました。

これがボーイスカウト活動の始まりです。

 

戦前は、少年たちが男らしさを身につけ、将来兵隊になり社会に役立つ人間に成長させるというのが目的でした。

 

戦後になってからは青少年教育団体として発展を遂げていきました。

戦前は男子しか入れなかったボーイスカウトでしたが、戦後だんだんと女子も入ることができるようになりました。日本では1995年以降女子スカウトの参加が認められました。

 

*これから目指すもの

スカウト活動の目指すものは若者への教育に貢献し、人々が満足できる世界を作ることに手を貸すことです。

 

つまり、Creating a Better World

 

ざっくりしすぎじゃん。

しかし、日本のスカウト活動では、社会の期待にこたえることのできる青少年の育成を目的とした活動を行っています。

また違う投稿でお話しますが、本当に社会に出てから役立つことを小さいときから学んでいたなあ、と実際私自身感じています。

 

*活動組織

活動組織として、世界、日本、都道府県、地区、団、隊 の大きく6つの分け方があります。ひとつずつ超簡単に説明していきます。

 

・世界

世界164の国と地域、約4,000万人が世界スカウト機構に加盟しています。この規模では4年に一回、世界ジャンボリーというキャンプ大会が行われています。2015年は山口県きらら浜に世界155の国と地域から約3万4千人が集まりました。

 

・日本

日本ボーイスカウト連盟には現在約12万人が加盟しています。4年に一回行われる日本ジャンボリーやアグーナリーなど日本規模で行われる大会は世界に比べて多いです。

 

都道府県

 各都道府県ごとにそれぞれまた連盟というものを持っています。やはり規模が小さくなる分活動もしやすいので、県キャンポリーやフォーラムなどたくさんの行事が行われています。

 

・地区

これは県よりも規模を小さくした市町村みたいなものです。大都市だとひとつの市が4,5地区持っていたりします。

 

・団

地区よりも規模を小さくしたのが団です。これがボーイスカウトとして活動するときに所属している、いわば"家族"みたいなものです。基本的には自分が住んでいる地域にある団に所属します。

 

 ・隊

その団のなかに、各年代別で部門が存在します。制服や活動目標などが違います。

ビーバースカウト 

カブスカウト

ボーイスカウト

ベンチャースカウト

ローバースカウト

○指導者

 

また部門別説明は違う投稿で♪

 

*活動内容

ここでは部門に関係なく、全体的にボーイスカウト活動が何をしているかだけ。

 

野外活動 (キャンプ、ハイキング、アウトドアアクティビティ など)

 

奉仕活動(赤い羽根募金 、献血呼び掛け、ゴミ拾い など)

 

地域交流(地域イベントへの出展、ボランティア、 餅つき など)

 

この3つを軸に活動しているかなと、私は10年続けて感じています。

 

今回の投稿に関しては、手に入れた情報と自分の経験どちらもふまえて書いたので主観的な部分がありますがお許しください。See you soon!

 

 

 

 

 

ボーイスカウトに取りつかれた私がブログを始めるまで

こんにちは、ゆこです。

まさか私がblogを始めるなんて誰が想像したでしょうか。

 

SWYに参加する前にはこんな気持ち、1ミリもありませんでした。

SWY(内閣府次世代グローバルリーダー事業ship for world youth leaders) についてはお友達の宗一郎が説明しているのでそちらへどうぞ👇👇👇

 

so-ichi-low.hatenablog.com

 

 

ちなみに私の超個人的SWYreflectionもあるので興味のある方は是非👇👇👇

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1843710745882074&id=100007294988435

 

本題へ戻ると、どうして私がblogを始めたのか?

みんな、ボーイスカウトって何か知ってる?

 

…知らないですよね、ざわざわと「名前だけ…」って声が耳に入ってきます…。

 

私は9歳の頃からボーイスカウトを始め、ボーイスカウト課程では菊章ベンチャースカウト課程では富士章を取得しています。

 

このキャリア、ボーイスカウト関係者に言わせるとめちゃくちゃすごいんです。

(自分で言いたくないけど。笑)

 

さらに私は富士章を取り県代表に選ばれたことで、

東宮御所表敬をし、皇太子殿下とお話しする機会を持てました。

(ひと昔前は、この富士章を持っているだけで一流企業に就職できる…なんて噂も。)

 

皇太子殿下にお会いできるってことは、ボーイスカウト富士章のことを日本国は「オフィシャルで素晴らしい」って認めているってことだよね?

でもありえないくらい認知度無いじゃん…?

 

高校生の時からそんなことを考えていたのですが、当時は

「世間の人は興味ないんでしょ!ならいいよ別に!勝手にこっちでやっとくから!」

と開き直っていました。

 

そんな私が今ブログを書いている理由… それは、

 

ボーイスカウトは謎の団体」というレッテル をはられるのも嫌だったし、すごく役に立つ青少年活動であると確信していて、もっと世間の人に発信して、社会と繋げる必要があると思ったから。

 

いちばんのきっかけはSWY中に起こりました。

 時々、私の周りにいた参加青年たちが

ボーイスカウトのことあまり知らなくて…教えてほしい!」

と声をかけてくれることが多々ありました。

 しかし…

一言で言い表せない!語ったら日が暮れる…!!!

 

 そんな時にとっさに出た一言

「船降りたら、分かりやすくブログか何かにまとめますね~!!」

 

…言ってしまった。文章力が無いことを忘れて調子良く言ってしまった…。

 

でもこれってボーイスカウトを知ってもらえるチャンスじゃない?

 SWYという様々なバックグラウンドを持った個性溢れるひとたちが集まる環境に身を置いたことで、客観的にボーイスカウトのメリットや活動について考える機会を持てました。

一般の人には、

もっともっとどれだけ有益な活動か知ってもらいたい!子供ができたらみんなボーイスカウトに入れてほしい!謎の団体ではないことを証明したい!

 

ボーイスカウト関係者の人には、

私が客観的視点から見て感じたボーイスカウトのメリットや問題を共有したい!もっと広報したい!このブログのリンク自由にシェアとかガンガンしてほしい!

ボーイスカウト日本連盟!このブログを公式ホームページにリンク貼ってくれ!

 

…そんな気持ちを糧に、これからブログを書いていこうと思います。こんな記事書いて欲しい!とか、ここが不思議!なんて質問があれば是非お願いします💗 


f:id:pisdyka:20170403131632j:image

 ボーイスカウト日本連盟公式ホームページ👇

https://www.scout.or.jp/